2014年11月27日

【茶葉の購入レビュー】インプラ「アールグレイ オレンジペコ」

tea_01.jpg

こんにちは。つけひげハリーです。 今回の茶葉購入レビューはインプラ(IMPRA)の「アールグレイ オレンジペコ(IMPRA Earl Gray)」です。 アールグレイは2回目ですが、味の違いが分かるかドキドキです(^^;)笑

まずは包装などをチェック

今回、購入したお店さんは「Jos Brand Select Shop」さん。 注文から1週間もかからずにすぐ届きました。 包装や紅茶缶などをチェックしていきましょう♪

package_01.jpg
package_02.jpg

段ボールに緩衝剤と一緒に梱包されています。 サイズもピッタリでとても丁寧な梱包ですね♪

・・・ってあれ?
アールグレイの紅茶缶以外にも何か入っていますね。。 なんとティーバッグ紅茶のアールグレイとセイロンティーがオマケとして入れられていました! オマケといいつつ、単品で充分商品として十分な量があります。。なんて親切なんでしょう。。

インプラのアールグレイ オレンジペコの紅茶缶をチェック

アールグレイ オレンジペコは、濃いブルーを基調とした円柱状の紅茶缶ですね。 今まで100gくらいの量の紅茶缶で購入していたので、だいぶ大きな印象を受けました。 これで当分はアールグレイに困らなそうですね(笑)

package_03.jpg
package_04.jpg

紅茶缶を開ける部分が金具式となっており、とてもオシャレで高級感を感じますね。

package_05.jpg
package_06.jpg

茶葉の粒は2〜3cmほどの長さで、とても大きいですね。 色は結構明るい茶色です。

早速アールグレイを味わってみる

tea_02.jpg

水色はなめらかなブラウンで、香りはアールグレイ独特のハーブティな香りを味わえます。 味わいは、中国的なエッセンスを感じます。 もちろんアールグレイとしての味なんですが、前に試したアーマッドのアールグレイよりウーロン茶とかの中華的風味がクローズアップされます。

まろやかな甘さとベルガモットのさわやかさ

そんなまろやかな甘さと柑橘類であるベルガモットのさわやかさとが融合して、とても飲みやすいアールグレイの紅茶であると私は思います。 アールグレイの中でもあまりクセがなく、万人受けする銘柄なんじゃないかなと感じました。

インプラ「アールグレイ オレンジペコ」

今回購入したインプラ「アールグレイ オレンジペコ」 ですが、購入したお店は「Jos Brand Select Shop」さん ですが、発送も早く、梱包のガムテープも「THANK YOU」という柄のものを使っていたり、今回だけかもしれないですが、充実したオマケもあり、非常に丁寧で気が利く店舗さんだなという印象を受けました。 また別の種類の茶葉についても買い求めたいなと素直に思えました。

紅茶 ティー IMPRA Earl Gray インプラ アールグレイ オレンジペコ 250g 粉 茶葉 即日発送 送料無料

価格:1,700円
(2014/11/27 01:09時点)
感想(1件)


今回利用させていただいたい店舗さんです!
「Jos Brand Select Shop」さん

posted by Harry at 01:12| Comment(0) | 茶葉・ティーバッグ

2014年11月24日

【茶葉の購入レビュー:補足編】エヌ・ハーベスト「有機ダージリン紅茶FTGFOP1」〜ミルクティー編〜

milktea_04.jpg

こんにちは、つけ髭ハリーです。 前に書かせていただきましたエヌ・ハーベスト「有機ダージリン紅茶FTGFOP1」について、前回はストレートティーでしたが、今回はミルクティーで味わってみました☆ (⇒前回のエヌ・ハーベスト「有機ダージリン紅茶FTGFOP1」のストレートティの記事はこちらです)

まろやか、まろやか、そしてマイルド

milktea_02.jpg

エヌ・ハーベスト「有機ダージリン紅茶FTGFOP1」はストレートティにおいても、有機紅茶だけあって、まろやかで柔らかく、なめらかな甘みが持ち味の紅茶でした。 ミルクティーを味わったところ、予想した通り、まろやかさに磨きがかかったマイルドな味わいが見事でした。 元々の優しい味わいにミルクのまろやかさとコクが絶妙にプラスされた紅茶は、疲れている時にもスッと心と体を癒してくれそうですね。

ビターなチョコレートや、濃厚な味わいのお菓子にピッタリ

このまろやかさに合うお菓子としてば、ビターなチョコレートだったり、バターがたっぷり効いた濃厚な味わいのお菓子だと思います。 舌が苦みや濃さにちょっと疲れてきた時に、その刺激をやさしくぬぐい去って、さらに食が進む・・・そんな相乗効果をもたらしそうですね。

milktea_01.jpg
milktea_03.jpg

気構えずに楽に飲める紅茶!

紅茶には本来、リラックス効果があり、心を静めてくれるものですが、その中でもこのエヌ・ハーベスト「有機ダージリン紅茶FTGFOP1」のミルクティーは格別です。 そんなマイルドな味わいを是非とも堪能してみてください♪


posted by Harry at 20:10| Comment(0) | 茶葉・ティーバッグ

自宅で簡単♪ティーバッグ紅茶のおいしい入れ方♪

こんにちは、付け髭ハリーです。 今日は、特に特別なティーセットや紅茶用のアイテムを用意せず、自宅にあるものでおいしい紅茶の入れ方、楽しみ方について紹介していきたいと思います。

今回用意したもの

  • やかん
  • マグカップ
  • 紅茶のティーバッグ
  • 小皿

今回は、自宅にあるものでちょっとひと手間かけることで、おいしい紅茶を入れようという趣旨なので、上記のものを用意しました。 「やかん」も「マグカップ」も「小皿」もほとんどのお宅であるものだと思いますし、紅茶を取り扱う当ブログをお読みになっているということで、何かしらの茶葉(ティーバッグでもなんでも)もお持ちでしょうということで(^^)

ちなみに私が今回、用意した紅茶の茶葉は、日本国内でとってもポピュラーな「リプトン イエローラベル ティー」です。 スーパーとかで普通に売っている手頃な価格のティーバッグですね。


紅茶の入れ方

それでは早速、本題の「やかんとマグカップでおいしい紅茶の入れ方」を紹介していきますね。

やかんでたっぷりお湯を沸かす

お湯の沸かし方でまずひと手間です。 やかんでお湯を沸かす際には、やかんに勢いよくたっぷり水を注ぎこみましょう。

そして、お湯が沸騰してきた際、小さな泡がブクブクしてきたら・・・まだダメです(笑) お湯は大きな泡がブクブク沸騰してくるまで待ちましょう。 何気に、前者の状態だと大体90℃ちょい、後者は95、6℃です。 実はこのちょっとした温度差が、紅茶の味に大きな影響を与えるのです。

マグカップはお湯を注いで温めておく

紅茶用のお湯をマグカップにそそぐ前に、お湯を注いで先にマグカップを温めておきましょう。 冷たいカップに紅茶用のお湯を入れると、お湯の温度が下がってしまいますからね。

ティーバッグは必ずお湯を注いでから

そしたら、いよいよ主役であるティ―バッグの登場です。 が、、、ティーパックは必ずお湯を注いでから、マグカップに入れます。 そして、ティーカップは振ってはいけません。ティーバッグ内の茶葉がジャンピングするので、そのままにしておきます。

小皿でふたをして3分蒸らす

最後に小皿でふたをして、3分蒸らします。 厳密に3分と決まっているものでもないですが、3分しておけばとりあえず無難でしょう。 ふたをするのは、紅茶の茶葉が抽出中にお湯の温度を下げないためです。 ここまでいろいろやっている手間は、その一言に尽きます。

あとはおいしく飲むだけ♪

3分後、いよいよ小皿をはずして、ティーバッグを引き上げて、、、いよいよティータイムです! おいしく召し上がってください♪

ちなみに日本でお茶を飲む際は「熱々こそ正義」という風潮がありますが、イギリスでは60〜70℃くらいのちょっとぬるめの紅茶が好まれるようです。 理由は紅茶の味を愉しむためです。 確かに熱々だと、舌が味を愉しむのは難しいかもしれませんね。

まとめ

やかんとマグカップでのおいしい紅茶の入れ方、いかがだったでしょうか? ちょっとひと手間、ふた手間かかっていますが、これだけでも、紅茶の香りが普段より広がり、渋みの効いたおいしい味わいになると思います。

ポイント
  • やかんの水は勢いよく入れて、じっくり沸騰させる
  • 紅茶用のお湯は出来るだけ冷まさないようにする
  • ティーバッグは必ずお湯を入れてからマグカップに入れる

英国紳士は「手間」を楽しむ

英国紳士は、こういった手間を「ゆとり」として愉しんでいるようです。 手間をかけた分、おいしい紅茶を淹れることが出来て、紅茶をより楽しむことができる。そしてその空間の「ゆとり」として味わうのが英国流なのかもしれませんね。 わたしたち日本人はどうしても、日々時間に追われて暮らしていますが、こういうちょっとした「ゆとり」を楽しむことが出来たらなぁと思います。