2015年02月09日

自宅でおいしいロイヤルミルクティーの作り方

royalmilk_darg_12.jpg

こんにちは、つけ髭ハリーです。 最近、ロイヤルミルクティーにはまっています。 というわけで今回は自宅で作るロイヤルミルクティーの作り方について紹介したいと思います。

ロイヤルミルクティーとは?

ロイヤルミルクティーという言葉をおそらく、多くの方が耳にしたことがあると思います。 厳密な定義がある訳ではないらしいですが、液量が20%以上のミルクがたっぷり入ったミルクティーのことで、普通のミルクティーより甘くてミルクのコクと風味がとってもおいしくて人気ですね。

ロイヤルミルクティーの代名詞とも言えるのが「紅茶花伝」のロイヤルミルクティーですね♪ 10年以上昔の話になりますが、私はこれでロイヤルミルクティーの存在を知りました。 これはウバ茶で抽出した紅茶に牛乳と生クリームを合わせて作られているため、甘く深いコクが魅力的です。

ロイヤルミルクティー作りで必要なもの

話が逸れました。。。 今回紹介するロイヤルミルクティーの作り方で必要なものは下記の通りです。

royalmilk_darg_01.jpg
  • 水…300ml
  • 茶葉(今回はリプトンのダージリンです)
  • ミルク…300ml
  • フタのある片手鍋
  • ティーポット(コシ網つき)

片手鍋で濃いストレートティを作る

ロイヤルミルクティーというと、牛乳を温めて、その中に茶葉を入れるイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、牛乳に直接茶葉を入れてしまうと、ガゼインなどの牛乳の成分が茶葉を包んで、紅茶が十分に抽出されないことがあるらしいため、まずは濃いストレートティを作ります。

royalmilk_darg_02.jpg

水300mlを入れた鍋を強火にかけて、硬貨サイズの泡がブクブク出てくるまで、沸騰させます。

royalmilk_darg_03.jpg

沸騰したら、火を止めてすぐに茶葉を入れたら、フタをして十分に蒸らします。 ストレートティで飲む時よりも若干眺めに蒸らすのがポイントです。 鍋のフタはお湯の温度を下げないためにも重要です。

▼ミルク待機中・・・

royalmilk_darg_04.jpg

ミルクを入れて再加熱

royalmilk_darg_05.jpg

茶葉の抽出が終わったら、フタを開けて、ミルクを手早く回しいれします。 そしたら、フタはせずに強火にします。

royalmilk_darg_06.jpg

紅茶の淵に小さな泡が出てきたら、弱火にします。泡立って沸騰しないようにするためです。 そしたら、中央が泡で盛り上がってくるまで待ちます。

royalmilk_darg_07.jpg

ティーポットに移していただきましょう♪

ロイヤルミルクティーが出来上がったら、せっかくなのでティーカップに直接注ぐのではなく、ティーポットに注いで優雅にいただきましょう♪

royalmilk_darg_08.jpg

普段、紅茶を飲む際には、ジャンピングの障害となるため、コシ網は使いません。 しかし、今回はすでに紅茶が出来上がっていますので、これで茶葉がティーポットに入らないようにした方が楽だし、見た目もキレイです。

royalmilk_darg_09.jpg

紅茶を注ぐ際は、こぼさないように最新の注意を測って注ぎましょう。 ここでこぼしてしまったら、せっかくの紅茶がもったいないですよね。。

royalmilk_darg_10.jpg

ミルクティーと比べて、色は明るいけど、深みのあるクリーム色が特徴的で、おいしそうです。 なお、紅茶をティーカップに注ぐ際には、湯葉状になったミルク(ラムスデン現象)がティーカップに入ってしまうのを防ぐためにも一応ティーストレーナーを使った方がよいと思います。

royalmilk_darg_11.jpg

あとはおいしくいただくだけ。 普通のミルクティーよりも濃厚でまろやか。牛乳の深いコクと風味、甘さが味わえるロイヤルミルクティーは、ひと手間かけるだけの価値は充分にあります♪

水とミルクの分量で濃さを調節しよう

今回は、水とミルクを1:1で300mlずつで作りましたが、この比率を調節することで味わいも変わります。 ミルクの分量を増やせば、甘さの強いミルクティーになるし、水の分量を増やせば紅茶の風味がより活きてくるロイヤルミルクティーになります。

海外では通用しない?

実はロイヤルミルクティーは日本独自の言葉だったりします。 海外の方と話題にする場合には「シチュードティー」と言うのが良いようですね。 ちなみにミルクティーも、「ティーウィズミルク」が正式名称です。